車両保険も使いよう

金銭的に余裕がある場合、ぜひ入ったほうがいい保険が車両保険です。
対人・対物・人身傷害などは人に対する補償機能を持つものですが、車両保険は自分の車に対する補償をメインとした保険です。

いわゆる事故などを起こした時の自分の車の修理費用を払ってくれるというものですが、必ずしもすべての故障に対して保険金が支払われるというものではありません。
車両保険によっては免責というものがあって、その金額以下の修理費用に対しては一切保険金の支払いがされません。10万円とか30万円とか保険料の金額によって免責額が違うのですが、これによって保険会社はいろいろなテクニックを使って保険金を支払わないで済むようにするのです。多い事例としてあるのが、なるべく修理する部分を少なくして修理費用を安くし面差器楽の範囲内にするパターンです。
例えば衝突事故を起こし、フロントバンパーが割れたとします。更にラジエーターも冷却水が漏れるほどではないですが、フィンはつぶれ、ほとんど冷却効果が無い状態だとしましょう。
こういった場合、フロントバンパーは当然交換になりそのパーツ代や工賃などは修理費用として見積もられますがラジエーターは液漏れがないという事から今回の事故による損傷という扱いは受けず、修理費用として加算されないのです。これによって修理費用の見積もりは9万円台で免責額を下回ってしまい、結局全額自腹という事になるのです。
ラジエーターはどうするかというと、気になるなら自分でお金を出して直してください、という方向にもっていかれるのです。車両保険に入るときはぜひとも「免責0」のものに加入することをおすすめします。

okaty