自動車税を安くする方法を探る

自動車にはいろいろな税金が掛かっていますが、自動車重量税、自動車取得税、他に年間に払う自動車税があります。自動車取得税は、新車の場合は新車価格の90パーセント程度の取得額に5パーセントが掛かります。

中古車の場合は、新車からの経過年数によって残価率が変わってきます。経過年数が多いほど残価率は下がってきますので、税金は安くなります。その他にも50万円以下の取得額の場合には、取得税が課税されれません。家族や相続によって取得した場合にも課税されない事になっています。
自動車重量税は、新車で購入した場合には3年分で、その後は車検毎に二年間の重量税を払います。区分は0.5トンですが、0.5トンを少しでも超えれば区分が上がりますのでカタログなどを良く見てくださいね。年間で掛かる自動車税は、エンジン排気量によって決まっています。
軽自動車は7200円、乗用車は、一リットル以下が29500円、一リットル以上は、4.5リットルまで、0.5リットル毎で区分されています。それ以上は、6リットルまでと6リットル以上になっています。トラックの場合は積載量で区分されていますね。
この三つの税金はエコカー減税で減税措置、もしくは免税措置をされている部分がありますので、減税や免税の期間が終わると通常の税金額になります。年間に掛かる自動車税は、軽自動車は戻ってこないのですが、自動車を売却した際には、月割りで税金が戻ってきますので、税金が戻っているかどうか、自動車を売却した人は調べてみましょう。

okaty