自賠責保険でカバーできない補償

自動車の保険には、強制保険と任意保険があります。
その内強制保険は、車を買うときに必ず加入するものです。
自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)がこれにあたります。
任意保険は、自動車保険とも呼ばれていて、本人の希望で入るか入らないか決められます。

強制保険では不十分な部分をカバーすることができて、加入率が高いです。
強制保険と任意保険では、保障の内容に違いがたくさんあります。
任意保険のほうが、圧倒的に保障の内容が充実しています。
強制保険では、事故を起こした時に相手方が死傷した場合のみ制限付きで保険金が下ります。
自分のけがの治療費や双方の車の損傷の修理代などは保障されません。
任意保険に入っていれば、双方の治療費と賠償金は保障されます。
また、示談の時に代行もしてくれます。
これだけでもかなり差がありますが、他にも細かく異なる部分があります。
万が一の時強制保険では賄えないことが多いので、任意保険にも加入しておくことをお勧めします。

okaty