ボディや足回りに出てくる錆

車は金属製、それも頑丈に作らなければならないため、鋼材を使って作られています。
その結果長い時間使っていると錆が発生して見苦しくなったり、ひどい場合では車としての機能を損なったりすることもあります。
しかし、車にはそういったことを想定して塗装に前にしっかりと防錆処理を行っているので、錆によってボディがボロボロという状態にはなりづらくなっています。
しかし、やはり金属製、いくら防錆処理や防錆塗料を以てしてもどうしても水分が鉄の部分に進入してしまい、錆を発生させてしまうこともよくあることです。
よく見かけるのが足回りのアーム類、足回りは常に路面に面したところにあり、タイヤが巻き上げた小石などによって走っていれば常に傷つけられている状態になります。
もちろん分厚い層を持った防錆塗料が塗られているのですが、飛び石によって素材が見えるところまで深く傷つくこともあります。
そういう状態で雨に中を走ったりすれば簡単に錆を発生せてしまうことになり、それが塗装の内部でどんどん広がってしまうことになるのです。
出来ればたまに車の下にもぐって下周りや足回りに点検して、錆が出ていたり、大きな傷を見つけたりしたら同色のタッチアップペイントなどを塗っておくことも必要かもしれません。
同様のことがドアの下側とか飛び石で傷ついたボディ面でも言えます。
どちらにしてもそのような状態になっているのを見つけたら素早い対応をするのが錆を蔓延させないコツだと思います。
錆が出ているようじゃ、高額買取は望めないでしょう。

okaty